停電時でも電気を使いたいなら蓄電池が必要です

太陽光発電システムを導入するきっかけとしてよくあるのが「自然災害などで停電になってしまった時で電気を使うことができる」というものです。
たしかに、災害などによって停電が起こったとしても、太陽光パネルに日光が当たっていれば電気を作り出すことができるので、冷蔵庫の中身が傷んでダメになってしまうこともありませんし、テレビを点けて情報を得ることもできます。
また、オール電化住宅ならば電気調理器や炊飯器などで食事をつくることもできます。
こう考えると、太陽光発電システムがあるかないかで、かなり生活の利便性に差があることが分かるでしょう。
しかし、停電時の利用には注意すべき点もいくつかあります。
まず、停電時でも電気をつくり出すためには、システムが「自立運転モード」に対応している必要があります。
実は太陽光発電システムは通常は外部電力を使って動かしています。
これは太陽光パネルで発電した直流電流を家庭の電化製品で使えるように交流電流に変換するための「パワーコンディショナー」という機器を稼働させるためです。
ですから、停電してしまえばパワーコンディショナーを稼働させることができず、発電ができないことになります。
ですから、停電時でも電力を使用したいならば自立運転モードがあるかどうかを確認するようにしましょう。
そして、もう1つ重要なことは、当たり前ですが太陽光発電システムは太陽がなければ発電できないということです。
つまり、雨の日や夜間には電気をつくることができません。
ですから、雨の日や夜間に停電が起こった場合にはたとえ太陽光発電を設置していても電気が使えないことになります。
この問題を解決するためには蓄電池の設置が必要になります。
蓄電池を設置することで通常は蓄えることができない電気を非常時のために蓄えることができるので、たとえ雨の日でも夜間でも電気が使えるようになります。
ただし、蓄電池の価格はまだまだ高額です。
以前と比べればだいぶ求めやすくはなってきていますが、6時間分の電気を貯めておける蓄電池で50万円から60万円程度の価格となっています。
それでも自治体によっては蓄電池の購入にあたって補助金が支給されるところもあるので、現在お住まいの自治体で補助金が支給されるかどうか確認してみると良いでしょう。

get( 'keyword', 1 ) ?>
get( 'comment', 1 ) ?>

1 2 3 4 5 26